soul-kitchen

COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |  OTHERS
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.06.06 Wednesday ... - / - / -
 猟盤メモ
12月、結構買ってるな・・・反省。
Nathan Davis「If」
The Jazz Crusaders「At The Lighthouse」(62年)
Cal Tjader「Plugs In」
Cannonball Adderley Quintet「Them Dirty Blues」
Thad Jones・Mel Lewis「Consummation」
The Nineteenth Whole「Smilin'」
 銑はオークションでの戦利品。一枚あたり諸経費込みの¥700以下は大満足の買い物。
,JAZZ/FUNKモノ。これ、曲によってはドロドロとフリーっぽい。全体的には心地よいエレピが響いてるのと、ベースがやたらとグルーヴィーで〇。
最近「Jazz」が取れたあとのCrusadersばかり聴いていたので、4ビートやってる初期のもってことで◆
はライヴ録音。ヴァイヴの音色には妙に癒される。ピアノの音がカリカリしてるけど、これもなかなかイイ。
「Work Song」のイメージをしっかり持とうとゲットしたぁこれカッコよすぎ!いつになたら吹けるのやら・・・メインのフレーズだけでもコピーしよ;;
ヂ臾照廖コメントの余地なし。
奇跡のCD化!Wootenのヴァイヴが最高なΑオマケにDupreeのソロも全編で聴けちゃう!音源は「The Wooden Glass featuring Billy Wooten」以前のモノのようだけど、メンバーもほぼ同じで嬉しいね。今年のベスト10に入りそう!
2006.12.26 Tuesday ... 猟盤 / comments(0) / trackbacks(0)
 猟盤メモ。
昨日は市内某所のセミナー・シンポジウムに参加。
帰りにフラリと吸い寄せられるように中古屋に向かう!
虫の知らせだったのか?あるわあるわ!BlueNoteの¥1500シリーズが軒並み¥800のオイシイ価格♪あとはMadeleine Peyrouxの1stも安値で発見。
獲物は・・・
Larry Young「Into Somethin'」
John Patton「Along Came John」
Jimmy Smith「Back At The Chicken Shack」
Lou Donaldson「Blues Walk」
Madeleine Peyroux 「Dreamland」
Lou Donaから聴いているんだけど、これがまた最高でヘビ・ロテ化。え〜音してまんな〜。
2006.12.11 Monday ... 猟盤 / comments(2) / trackbacks(0)
 猟盤メモ
自分のメモがてらに最近買ったCDを。
Madeleine Peyroux「Half The Perfect World」
Phil Woods「Alive & Well In Paris」
Aretha Franklin 「Live at Fillmore West」
Paul Humphrey 「And The Cool...aid Chemists」
Madeleine Peyrouxは今作もイイです!前作「Careless Love」に引続き、彼女の歌声にはヤラれます。21世紀のBilly Holidayと言われているらしいけど、歌詞の内容や人生の複雑さを抜きにしたら上手い表現かもね。ファーストもチェックしてみようかな!
Phil Woodsは、今月号のJazz Life誌にスコアが掲載されていたので、つい・・・っつーか、こんなアドリブ吹ける日は来るのであろうか;?;?;?;アルバムは文句なしの名盤!
Aretha Franklinは勿論買いなおし。高価なRHINOの4枚組みを買いそびれた屁タレ組には最高の2枚組み再発!King Curtisの再発と共に揃えりゃ、テイク違いを覗けばほぼ網羅の嬉しい内容♪・・・とはいえ、やっぱ4枚組の完全版が聴きたいね。
Paul Humphreyは以前から気になっていた盤。P-VINEからのCD化で数枚リリースされてたが、このアルバムを選んだ理由の1つはDavid T.Walker目当て。内容もどちらかといえば叩きまくりというより、ユルめの心地よいファンク。こりゃクセになりそう。
2006.12.03 Sunday ... 猟盤 / comments(0) / trackbacks(0)
 金欠にもかかわらず・・・
Stanley Turrentine 「Cherry」いや、何も無駄遣いしてる意識はないんですよ!(言い訳)最近の猟盤4点です。
Stanley Turrentine「Cherry」
Stanley Turrentine「Sugar」
Linda Thompson「Dreams Fly Away」
Eddie Mottau「No Moulding」
 銑はヤフオクで、1枚あたり送料・手数料込みで¥1000弱。
廃盤・レア盤以外、3ケタで買えるかどうかが勝負所。ウォント盤が網にかかれば嬉しいね!
そういえば、タレンタインのリーダー作を聴くのは初めてだっけ。
,痢Cherry」(写真)も聴いて驚きのコーネル・デュプリー、ボブ・ジェームス参加!ミルト・ジャクソンのヴィヴラフォンも心地よく、車の中でヘビロテ中。
も、素晴しいベスト盤。彼女の他作も引っ張り出して聴きたくなるね♪
い砲弔い討蓮∈廼瓮▲淵蹈CD化計画でスワンプ物を聴いていて欲しいなと思ったからついつい。。。CD化されていることなんか全然知らなかった!廃盤になる前にゲットだす。いや〜、癒されるアコースティックサウンドやね。
2006.04.29 Saturday ... 猟盤 / comments(0) / trackbacks(0)
 休日に。
お出かけついでに猟盤ですがな♪
CDやレコードを買うのって最近ではオンライン中心になっているので、店頭に出向くとついつい長居してしまうね。今日はいつもの某中古屋を探ってきた。
で、獲物は・・・
Terry Callier 「Lookin' Out」
Marvin Gaye 「Let's Get It On」(Deluxe Edition)
の2点。Terry Callierに関しては、発売後じ〜っと中古待ちしていたのでラッキー。
まあ、それはさておき、ど〜も気になることがある。
本屋に行くと、ウ○コがしたくなる話はよくある話。
オイラもそのクチなのだが、CDショップなんかでも同じ傾向にある。
今日も途中で「あの〜トイレかしてもらえませんか?」とお決まりのセリフと共に爆弾投下。
店のオッサンも「こいつ、またか・・・」と思っているかもしれないほどの頻度なのだ。
一度トイレを借りると、コンビニのようにはいかない狭い店内で「何か買わなきゃ悪いよな」的発想が渦巻くわけで・・・ま、今回は獲物があって良かったよ。
勝手な考えだが、探す行為とダンボール系のニオイが絡まると大腸を刺激すると考察している。科学的な裏づけを求む!
2006.02.24 Friday ... 猟盤 / comments(0) / trackbacks(0)
| 1/1 |