soul-kitchen

COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK |  OTHERS
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.06.06 Wednesday ... - / - / -
 思い出のハーピスト。
キャリー・ベル
キャリー・ベルが亡くなったようです。夏に来日する息子のローリーも悲しんでるだろうな。親子でも録音残してるし・・・
ジュニア・ウェルズは見れなかったけど、幸運にもキャリーは2度ほど見ることができた。98年の来日時は名前も知らなかったけど、渋〜いパープが凄く印象的だった。
それから2003年(だっけ?)の大阪市が催したフェス。デルマーク・レーベルのオールスターズだったかな。紫のダブダブのスーツを着て、ステージ脇からのっしのっしと出てきてぶっきらぼうにハープを吹く姿は凄いインパクトだったね。
思い出の巨人が逝ってしまった。残念だ・・・
2007.05.11 Friday ... 訃報 / comments(0) / trackbacks(0)
 J・B死す
JAMES BROWN
老いてなお盛んという言葉が似合うJames Brown。以外にも早いという印象しかないね。死ぬというイメージにも程遠い人物だったかも。
今年の3月にパワフルなステージを見て、あと2〜3回は来日するだろうなって笑いながら帰ったが、まさか最後の来日になるとは。
晩年にもかかわらず、問題行動を起こして何かと世間を騒がせたな。あっちでも大暴れしてくれるに違いない。酒池肉林かどうかは知らないけど、どうかFUNKYなままでいてほしいな!合掌。
2006.12.25 Monday ... 訃報 / comments(2) / trackbacks(0)
 巨匠の死
B000A2H6JG「Black Is Brown and Brown Is Beautiful」
Ruth Brown Vampi Soul 2005-09-19
by G-Tools

B000034CZE「Otis Spann Is the Blues」
Otis Spann Candid 2000-01-25
by G-Tools

残念なことにルース・ブラウンとロバート・ロックウッド・Jrが亡くなったようです。
ルースに関しては、映画「ライトニン・イン・ア・ボトル」での元気な姿が嘘のような訃報。78歳、死因は心臓発作らしい。
もう一人のロバート・ロックウッド・Jr、95年の来日が最後だったらしい。その頃は多分彼の名前すら知らなかっただろうな。一度ライヴを味わいたかった!もう90歳を超えていたらしく、年を考えると大往生やね。
アップした画像はオーティス・スパン名義だけど、個人的には一番思い入れの強い盤。
「ステディー・ローリンマン」もジ・エイシズ名義の「ブルース・ライヴ!」他、しばらく聴いてなかったので、偲んで聴くことにしよう。合掌!
2006.11.25 Saturday ... 訃報 / comments(0) / trackbacks(0)
 訃報 ビリー・プレストン
Billy Preston以前からもう演奏できる状態ではないと聞いていたので、遂にか・・・というため息が漏れてしまった。また一人、巨人が逝ってしまいました。
多くの人は彼の演奏をビートルズのアルバムで初めて耳にしたんだろうね。僕もその一人だけど、初めて意識して聞いたのがキング・カーティスのライヴアルバムだ。「蒼い影」のイントロでのソロ、何度聞いても心を奪われる。そして、不思議と勇気付けられたりもする。そういえば、自分の結婚式でも「You're So Beautiful」を選んで流したなぁ。そう考えれば、ずいぶんお世話になりました。
どんなに偉大でも、いずれは死を迎えるわけで・・・まさしく「神の掟」ですな・・・合掌。
2006.06.07 Wednesday ... 訃報 / comments(0) / trackbacks(0)
 ドン・アライアス逝く。
巨人の訃報に愕然とする。ドン・アライアスが急死したそうだ。
マイルス・デイヴィス、ジャコ・パストリアス、ジョニ・ミッチェル・・・参加しているアルバムは数知れず。常にエモーショナルな演奏を聴かせてくれる彼のコンガは、本当に素晴しかった!
長い間デヴィッド・サンボーンのレギュラー・バンドとして活躍し、約15年ぶりにメンバーチェンジをした去年のツアーの際も、唯一メンバーとして残ったのは彼だけだったな。その時の来日が最後となってしまった・・・
虫の知らせ?か、ふと腰が軽くなりブルー・ノートに足を運んでしまった。彼の最後の雄姿を見れたのは運がよかったな。できれば話もしたかったが、ショーの後、そそくさと引っ込んでしまったので無理でした。今から思うと既に体調が悪かったのかな?
何年か前、同じサンボーンの来日時、バックステージで食事中にもかかわらず笑顔でオイラを迎え入れてくれ、カタコトの英語で「あなたのコンガは世界一です!」と伝えると、「My Pleasure!」と言ってオイラの肩を抱いてくれたのを思い出す。あったかい人柄も印象的でした。
謹んでご冥福をお祈りします。

と、こんな投稿をしていると今朝の新聞にジャッキー・マクリーンの訃報が!ちょうど「Cool Struttin'」を練習しているところに・・・オマケに外は雨。なんだかテンション下がるな〜・・・合掌。
2006.04.02 Sunday ... 訃報 / comments(0) / trackbacks(1)
| 1/1 |